デフ・パペットシアター・ひとみ結成30周年記念作品『森と夜と世界の果てへの旅』熊本公演

『 森と夜と世界の果てへの旅 』案内チラシ


独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

デフ・パペットシアター・ひとみ結成30周年記念作品

 「森と夜と世界の果てへの旅」 熊本公演

 日時 2012年10月21日(日) 開演14:30(開場14:00 終演16:00)

 会場 八千代座 ( アクセスマップ MapFan )

     (山鹿市山鹿1499 TEL0968-44-4004)

 料金 〈前売券〉大人2,000円 小中高生1,000円

     〈当日券〉大人2,300円 小中高生1,300円

 主催 公益財団法人 現代人形劇センター

 共催 財団法人 熊本県ろう者福祉協会

 後援(予定) 熊本日日新聞社、NHK熊本放送局、(株)熊本放送、(株)テレビ熊本、(株)熊本県民テレビ、熊本朝日放送(株)、JCNくまもと


国指定重要文化財 八千代座(熊本県山鹿市)

http://www.yachiyoza.com/

あらすじ

小さい頃からぐうたらで、酒を飲んでばかりのトホホな放蕩息子・ジュジュマン。

ある日とびきりウマーイやし酒を造るヤシオーが死んじゃった。

そのヤシオーに会いにいくために、森と夜と奇々怪々な世界に足を踏み入れ、

困難に向き合いながらも歩き出す。

自分と出会い、未知なる道ゆく旅路の果ては、一体何処に辿り着くだろう?
生と死と、人と精霊、この世とあの世、森と夜と世界の果てへの冒険劇

「森と夜と世界の果てへの旅」制作にあたって

ナイジェリアの作家エイモス・チュツオーラ著「やし酒飲み」を原作に、

魔術的で自由奔放な世界観を人形劇化しました。
ろう者と聴者の感性を活かす、人形劇の新しい表現の可能性を追求した、

デフ・パペットシアター・ひとみ結成30周年にふさわしい作品です。


独特なセンスと縦横無尽な発想が光る構成台本を手掛けたのは、
国際的評価の高いパフォーマンスグループ、パパ・タラフマラの小池博史。


そして演出は前作「はこ/BOXES じいちゃんのオルゴール♪」に引き続き、

ユーモアある視覚表現が多くの人を魅了し続ける、人形劇界の精鋭・くすのき燕です。

 

多種多様な人形によるエネルギッシュな冒険旅行に是非お立会いあれ!

入場料について

 前売券

 大  人  2,000円

 小中高生 1,000円(小学1年生〜高校3年生)

 当日券

 大  人  2,300円

 小中高生 1,300円(小学1年生〜高校3年生)

申込みについて

 熊本支部・県北支部・菊阿支部・中央支部・県南支部・球磨支部・天草支部または熊本県聴覚障害者情報提供センター(熊本市東区長嶺南)および下記の財団法人熊本県ろう者福祉協会にお申し込みください。

お問い合わせ

財団法人 熊本県ろう者福祉協会

 

〒862−0950

熊本市中央区水前寺6丁目9番4号

熊本聴覚障害者総合福祉センター

TEL 096−383−5587 FAX 096−384−5937

「デフ・パペットシアター・ひとみ」について

 デフ・パペットシアター・ひとみは、日本で唯一、ろう者(耳が聞こえない人)と聴者(聞こえる人)が協力して公演活動を行っているプロ人形劇団です。 人形劇が持つ「視覚的」な魅力に着目し、新しい表現の可能性に挑戦し続ける人形劇団それがデフ・パペットシアター・ひとみです。

 

デフ・パペットシアター・ひとみ(ろう者と聴者が共につくる人形劇団)

http://deaf.puppet.or.jp/index.html


 △上に戻る

 

INFORMATION

Googleカレンダー

 

一般財団法人全日本ろうあ連盟

聴覚障害者災害救援中央本部

熊本地震に関する聴覚障害者関連の情報

東日本大震災に関する聴覚障害者関連の情報

聴覚障害者制度改革推進中央本部 公式ブログ

手話言語法制定推進事業

日本聴力障害新聞

ゆずり葉

第65回 全国ろうあ者大会

第51回 全国ろうあ者体育大会

全日本ろうあ連盟スポーツ委員会

デフリンピック情報

 

新型インフルエンザについて

目で聴くテレビ

総務省

2011年7月地デジ化 完了

 

 

「Get Adobe Reader」ロゴ 

PDF形式を閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。上記の「Get Adobe Reader」バナーから、無償でダウンロードをすることを推奨します。