対策本部の取り組み

4月14日(木) 21時26分頃 一回目の地震発生(M6.5)


4月15日(金) 特に地震が酷かった地域 益城町の6避難所を回り、聴覚障害者の有無と安否、支援の要否と問題の把握に回る。手話通訳等を要する聴覚障害者は見当たらなかったが、高齢で耳が遠くなった人が数人いた。

この時点では、聴覚障害者に係る被害情報はなかった。
支部長に地域のろう者の安否確認の指示を出した。回答は死者・負傷者無しであった。こうした状況であったので安心していたが・・・・これが甘かった。

 

4月16日(土) 深夜 1時25分頃、大きな揺れがあった。二回目の地震(M7.3)である。一回目の地震は「前震」で二回目が「本震」と言われる。「前震」より「本震」の方が揺れは大きく被害も大きい。

熊本聴覚障害者総合福祉センターの被災状況

 

 

地震直後の街の様子(4月16日撮影)

 

 

関係団体に呼び掛けて一般財団法人熊本県ろう者福祉協会が中心になり、「平成28年熊本地震聴覚障害者支援対策本部」を立ち上げて熊本県聴覚障害者情報提供センターと共に取り組む。熊本県から水2g入りペットボトル100本を受け、聴覚障害者に呼びかける。


4月17日(日) 「西原村に家屋倒壊の被害を受けたろう者が居る。」との情報が支部長から持ち込まれる。直ちに西原村の避難所に行き確かめる。本人に会い倒壊の様子を聞き現場に行き確かめる。本人には成長した二人の息子さんが同居しており手話もできるのでコミュニケーションに大きな問題はないと思うし協力しているので安心している。

 

 

 

熊本城(4月17日撮影)

 

 

 

水前寺公園(4月17日撮影)

 

 

地震直後の街の様子(4月17日撮影)


4月18日(月) 熊本県に、避難所に聴覚障害者の存在を知るための方法として、「聴覚障害の方は居ませんか。居たら受付に申し出てください。」 「何時から〇〇で昼食の提供があります。」とか「手話通訳者が必要な時は申し出てください。」というような聴覚障害者に分かる情報提供として文字の張り紙を各箇所に掲示するよう各品所などに指示するように要望する。

西原村の避難所を回る。道路崩壊でスムーズに行けない。迂回の遠回りが多い。避難所で三人のろう者が居た。30分ほど懇談する。落ち着いていて、しかもしっかりしている様子に安ど感を覚える。益城町、西原村地域には倒壊した家が多く見られた。


4月19日(火) 熊本市砂取小学校・託麻原小学校・西原小学校を回る。


4月20日(水) 熊本県等委託事業報告書提出期限であるため、報告書作りに集中および夕方6時から2回目の対策本部会議の資料作り。

福岡中心の若いろう者グループ(長崎1名)が慰問に来所。水などの差し入れを受ける。また、熊本出身のろう者兄弟から寄付金あり。

 

 
夕方6時から2回目の対策本部会議。主に聴覚障害者の安否確認の情報交換と各団体が取り組んだ結果の報告、今後の取り組み確認等。

※会議模様はNHK「ろうを生きる 難聴を生きる」にて全国放送された。

4月23日放送 緊急報告・熊本地震「聴覚障害者は今」

 

4月21日(木) 熊本県聴覚障害者情報提供センター、福祉避難所となり、聴覚障害者(ろう者・難聴者)の移転入所が増える。


4月22日(金) 一般財団法人全日本ろうあ連盟中央本部・九州ブロック本部メンバー等来熊、聴障センターに寝泊まりし、熊本県に要望をはじめ、避難所視察、熊本本部と会議3回開くなど精力的に取り組む。会議では中央本部のアドバイスなどにより、熊本本部の体制も固まり、この体制により活動を続けている。

 

 

4月23日(土) 情提センター・熊本聾学校視察、倒壊したろう者宅視察と復旧に係る相談などを行う。夜2回目の合同会議。

 

 


4月24日(日) 午前中、中央本部と熊本本部との事務局会議。
午後、益城町総合体育館の避難状況視察。


4月25日(月) JDF(日本障害者フォーラム)一行来熊 KDF(熊本障害者フォーラム)と合同会議。各種障害者団体の取り組みと支援内容を確認する。

 

5月4日(水) 公益社団法人東京都聴覚障害者連盟より、心温まる災害に対するいろいろな品物をご寄贈いただきました。ありがとうございました。熊本も負けず、頑張っていきます!!

対策本部からのメッセージ

4月14日地震発生から二回目の本地震を経て今までは、ろう協は被害が大きかった地域の避難所を回り聴覚障害者の安否確認と支援ニーズを把握する取り組み、支援体制固めに努めてきました。聴覚障害者のニーズが見えてきましたから、意思疎通支援体制をはじめ、情報提供体制も固めて支援活動を始める準備を進めています。この間、自主的に善意の物資や金品の寄贈を賜りました。誠にありがとうございました。

 

これからは、一般財団法人熊本県ろう者福祉協会の本拠事務所となっている「熊本聴覚障害者総合福祉センター(略称「聴障センター」)は、事務的な総括と処理、手話通訳者の派遣等を担い、熊本県から委託を受けて運営している「熊本県聴覚障害者情報提供センター(略称「情提センター」)は、IT機能を活かした情報提供と難聴者・盲ろう者向け対応を担うように業務分担して進めます。場合によっては一般財団法人全日本ろうあ連盟の中央本部を通して県外からの支援の必要が生じると思いますが、この時はご協力よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

〒862−0950

熊本市中央区水前寺6丁目9番4号

熊本聴覚障害者総合福祉センター

「熊本地震聴覚障害者支援対策本部」

FAX 096−384−5937

TEL 096−383−5587

kshk@muse.ocn.ne.jp

INFORMATION

Googleカレンダー

 

一般財団法人全日本ろうあ連盟

聴覚障害者災害救援中央本部

熊本地震に関する聴覚障害者関連の情報

東日本大震災に関する聴覚障害者関連の情報

聴覚障害者制度改革推進中央本部 公式ブログ

手話言語法制定推進事業

日本聴力障害新聞

ゆずり葉

第65回 全国ろうあ者大会

第51回 全国ろうあ者体育大会

全日本ろうあ連盟スポーツ委員会

デフリンピック情報

 

新型インフルエンザについて

目で聴くテレビ

総務省

2011年7月地デジ化 完了

 

 

「Get Adobe Reader」ロゴ 

PDF形式を閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。上記の「Get Adobe Reader」バナーから、無償でダウンロードをすることを推奨します。