出産祝いを贈る時に気を付けたい事

出産祝いは、送る側も幸せな気持ちになれる贈り物ですよね。
幸せいっぱいの贈り物のはずが、マナーをしっかりしなければ台無しになってしまう事もあります。

まず、出産祝いを贈る時期ですが、一般的に生後七日から一ヶ月の間と言われています。
出産祝いのお返しである内祝いを贈るのが、生後100日のお宮参りの後が通常ですから、それまでに贈る事がベストです。
贈る際、母子の健康状態や体調を把握しておく事も大切です。

産まれてすぐ、病室へ出産祝いを持って押しかける事だけはやめましょう。
もちろん、相手から来て欲しいと言われた場合は別ですが、出産祝いは別のタイミングで渡すのがベストです。

また、退院後自宅に出産祝いを渡しに伺うのは、産後2、3週間程はあける事が望ましいです。
その際も、必ず相手に体調や都合を聞き、短時間で伺うよう心がけましょう。
産まれたばかりは、赤ちゃんのお世話も大変ですし、何よりママの体も体力が落ちています。
直接伺うのは避け、郵送するという方法も心遣いです。
出産祝いは郵送
しても失礼にあたる事はありません。

また、出産祝いで贈るものですが、産後すぐに使うような物はすでに用意している場合がほとんどですので、半年後~一年後に使えるような物、サイズの物を渡す事が好ましいでしょう。
オムツやおしり拭きなど、消耗品はいくつあっても良いものなので、喜ばれる贈り物の一つです。
関係性によっては、前もって何が良いかを聞いて、それを贈るのも良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です