引越し祝いのマナー

引越し祝い、御祝い品の中でも比較的に良く聞く名称ですね。
引越しをした方にお祝いの品を送るというのが一般的な認識です。
しかし引越し祝いにもマナーが存在するのをご存知でしょうか。
ただ引越しをした人に贈り物をすればよい、という訳ではありませんので贈る前にはマナーを知っておく事が大事です。

まずそもそも引越し祝いとは、新居を建てたり、マンションを購入したというようなおめでたい引越しに対して贈るお祝いです。
都合によりやむを得ず引越したという場合には引越し祝いを贈るのは間違いになります。
親しい関係の方に贈る場合が多いですね。
家に招かれた際に引越し祝いを持っていくと良いでしょう。

引越し祝いの相場としては親しい友人なら一万円~三万円、親族なら五千円~十万円、会社関係の方なら三千円~一万円くらいの相場が妥当です。

引越し祝いの代表的な例を挙げると、時計、照明器具などが人気がありますね。
新しい住まいで使える実用的な物が喜ばれます。
あまり奇抜なデザインのインテリアを選ぶと、相手の趣味に合わない可能性もあるのでシンプルで機能的な物にしましょう。
その他キッチン用品や家電も良いですが、相手が既に持っている場合もあるので贈る際はそれとなくリサーチした方が良いですね。
食器でしたらいくつあっても助かるので無難です。
食料品や洗剤などの日用品も実用的で助かります。

逆に贈ると駄目な物は「火」を連想とさせる物です。
もしくは赤色の物も火と同じく火事を連想させるのであまりお勧めできません。
キャンドルや灰皿、トースターなどは選ばないようにしましょう。
若い方は気にしないかもしれませんが、良かれと思って贈った物で嫌な気分にさせてしまいたくはないので、出来るだけ避けた方がよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です