聴覚障がい者の理解普及のための出版物等

私たちは、ろう者の人権の保障を目指して仲間たちとともに活動してきました。昭和44年には、「わたしたちの手話」が発刊されるなど以来、出版物の販売を通して理解を頂いています。財団法人全日本ろうあ連盟の出版物には「季刊MIMI」や「日本聴力障害新聞」や社会福祉法人全国手話研修センターのなかにある日本手話研究所の「手話コミュニケーション」があります。季刊MIMIは、一般向けで、手話コミュニケーション研究は専門書に近い内容です。「アイ・ラブパンフ」運動は、全国で約120万部完売するなど、大きな運動が私たちの生活の改善に結びつきました。

 


熊本県聴覚障害者情報提供センターの事業をはじめ、熊本県手話通訳問題研究会や熊本県聴覚障害者(児)親の会などの団体が出版物の発行を通して理解を深める活動をしています。また熊本県聴覚障害者情報提供センター等の当協会スタッフには、それぞれの使命をもって、さまざまな教育機関、セルフヘルプグループ、ボランティアグループに情報の提供や企画案の提案等のお手伝いをしています。

       


様々な研修会の報告書など…

様々な研修会の報告書など…

 

 △上に戻る


熊本県聴覚障害者(児)親の会が販売している「生き生きハンドブック」

熊本県聴覚障害者(児)親の会が販売している

「生き生きハンドブック」

 

熊本県手話通訳問題研究会が制作したパンフレット

熊本県手話通訳問題研究会が制作したパンフレット

 

 △上に戻る


私たちの新聞「日本聴力障害新聞」 と会誌「熊ろう福祉」の紹介

私たちの聴覚障がい者の生活を守るために欠かせない新聞

「日本聴力障害新聞」

財団法人全日本ろうあ連盟(現:一般財団法人全日本ろうあ連盟)が発行している「日本聴力障害新聞」

「日本聴力障害新聞」

 

会報「熊ろう福祉」

財団法人熊本県ろう者福祉協会(現:一般財団法人熊本県ろう者福祉協会) 会誌「熊ろう福祉」

 

 △上に戻る


 

INFORMATION

ろう高齢者の憩いの「場」2016

 

Googleカレンダー

 

一般財団法人全日本ろうあ連盟

聴覚障害者災害救援中央本部

熊本地震に関する聴覚障害者関連の情報

東日本大震災に関する聴覚障害者関連の情報

聴覚障害者制度改革推進中央本部 公式ブログ

手話言語法制定推進事業

日本聴力障害新聞

ゆずり葉

第64回全国ろうあ者大会inとくしま

全日本ろうあ連盟スポーツ委員会

デフリンピック情報

 

新型インフルエンザについて

目で聴くテレビ

総務省

2011年7月地デジ化 完了

 

 

「Get Adobe Reader」ロゴ 

PDF形式を閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。上記の「Get Adobe Reader」バナーから、無償でダウンロードをすることを推奨します。