盲ろう者向け通訳・ガイドヘルパー養成事業について

平成10年度から熊本県の委託事業として始まったものである。手話奉仕員と要約筆記奉仕員の養成とは随分遅れての実施である。養成講座は、盲ろう者に関して養成実施以前から取り組んでいた情報提供センターが担当して実施してきた。実施は都合あって熊本市内の開催が多く、その実施は次のとおりである。

年度(西暦)

養成人員

平成10年(1998年) 24名
平成11年(1999年) 19名
平成12年(2000年) 22名
平成13年(2001年) 5名
平成14年(2002年) 16名
平成15年(2003年) 14名
平成16年(2004年) 17名
平成17年(2005年) 7名
平成18年(2006年) 11名
合計 135名

※県ろう協会創立60周年記念誌 「夢を求めて」より転載


他に盲ろう者が住んでいる地域で1日ないし3日程度の養成講座を開いたこともある。平成10年度から平成18年度までの9年間で135名を養成し、介助員として登録いただいて活動しているのは平成19年3月1日現在で42名となっている。

課題は、熊本には盲ろう者の団体である「夢の会」があり、定期的に会合を持ち、仲間とのふれあいや様々な行事を行っている。

社会に又は家庭内に埋もれている盲ろう者がいるはずである。

これらの盲ろう者を誘い出し、同じ仲間とのふれあいを持ち、希望を持たせることである。

幸い平成19年(2007年)の財団法人熊本県ろう者福祉協会創立60周年記念を迎えた年に「夢の会」は全国盲ろう者大会を熊本で開催した。この大会が、埋もれている盲ろう者を誘い出す波及効果をもたらすことを期待している。

 

 △上に戻る


 

 

INFORMATION

ろう高齢者の憩いの「場」2016

 

Googleカレンダー

 

一般財団法人全日本ろうあ連盟

聴覚障害者災害救援中央本部

熊本地震に関する聴覚障害者関連の情報

東日本大震災に関する聴覚障害者関連の情報

聴覚障害者制度改革推進中央本部 公式ブログ

手話言語法制定推進事業

日本聴力障害新聞

ゆずり葉

第64回全国ろうあ者大会inとくしま

全日本ろうあ連盟スポーツ委員会

デフリンピック情報

 

新型インフルエンザについて

目で聴くテレビ

総務省

2011年7月地デジ化 完了

 

 

「Get Adobe Reader」ロゴ 

PDF形式を閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。上記の「Get Adobe Reader」バナーから、無償でダウンロードをすることを推奨します。